こんにちは

お肌の敵である冬の乾燥から

保護するために必死で肌の保湿に奮闘している学生スタッフのSです。

 

「Aero Searcher」のボディに新カラーの登場の予感⁉

いいえ、違います。むしろボディそのものの進化です!

 

AGLがAero SearcherのS(3サイズ・S/M/L展開予定)としてリリース予定の機体のボディ用に

新たな超お高いハイスペック3Dプリンターで新たな素材のボディの試作を行いました。

この超ハイスペック3DプリンターはAGLにちょくちょく出入りして頂いている(いつもお世話になります!)大学のMさんを通じて特別にお願いしプリントしてもらったので、あくまでもプロトタイプのスペシャル版なのですが

フィラメントの材質とその積層の細かさ・滑らかさが超抜群!

まるで一つの物質から削り出したかのような表面

積層感がほとんど確認できないレベル!

 

↓1枚目はバックが黒なので白っぽくなってしまいました(+o+)

↓この2枚の中間ぐらいが実物に近いグレーです

質感はこのショットがわかりやすくなっております…か?(笑)

 

↓以前まではこちらのPLA樹脂製フィラメントのボディでした。

写真だとわかりにくいですが、はっきりと積層していることが確認でき

厚さも一部が薄く透け気味であったりと

均一ではありませんでした。3Dプリンターの性能差?やはり世の中カネなのか(笑)

 

3Dプリンターの性能とフィラメントの材質でここまで差が出るとは驚きです(@_@)

モノづくりは奥が深い!(笑)

ということを改めて認識させられたできごとでした。(T.S)