こんにちは!皆さんお元気ですか。AGLスタッフは皆風邪もひかず元気にやっております。

さて先日、AGLが昨年来より大~変お世話になっていて、代表とは旧知の間柄のNさんがAGLにお越しになりました。今回は、「こんなこともやりました」的なお話になります‥‥。

しばらくぶりにAGLに来られたNさん。樹脂プレートを手に持って‥‥? プラッ( 〇∀〇)チック?

AGLにはCNCマシン(分類上はフライス)があり、ご好評頂いておりますプロペラガードはじめ、オリジナル機体のコアやフレーム関連のパーツなど色々なものを製作することが可能です。ドローンは空を飛ばなければならないので、軽くで丈夫、かつ加工の比較的容易なカーボン素材を色々な形状に削り出すのです。もちろんCADも描きますよ!‥‥ボスが^^;

さてさてその樹脂プレート。聞けば「○ックガード作って」とな。え?ナニそれ。飛ぶの?まぁ飛ばしてもいいけど先生に怒られそう~(ワタシは小学校の時、下敷きを校庭で飛ばしててめっちゃ怒られました)。

そしてその方、最初から付いてたピックガード(あ言っちゃった;)をスキャンしたデータをもとに作成したdxfファイルもご持参するという難しそうなことをさらりとこなしてしまって凄いんです。そんな訳でテキパキと準備が整い、ほな早速CNCで削ってみようやないかいな、と相成った訳です。

もちろん素材がいつものカーボンと違う(しかもプラッチック初削り!)ので、エンドミル(刃ですね)もそれなりにベストと思われる(なんせ初めての素材です)ものを選定。よーし設定完了、いざ!

‥‥おお、なかなか順調に削っとる♪

 を。

 いけた?

 いけちょる感!

 代表自ら高級機器を手に取りバリ取り(^^)/

さすがAGLの技術力といいますか?まぁお読みいただく皆さんにとっては期待外れなんですが(笑)ほぼ何の苦労もなくオーダー通りの○ックガードが完成しました。これで得た貴重なノウハウを基に、近くAGLオリジナル樹脂製品がShopに並ぶかも知れませんぞ(ホンマか?)。ぉーィエー、Rock’n Roll♪ (A.T)