大阪府箕面市 エアロジーラボ株式会社 ドローン製作・販売、空撮・映像制作・共同開発

ドローンの機能

マルチローター型ドローン(マルチコプターと呼ばれることもあります)は、最新の電子制御テクノロジーによって、従来のラジコン・ヘリやラジコン・飛行機では実現できなかった高度な機能を、いくつも備えています。

Altitude(高度)&GPS(位置)ホールド機能

この機能がマルチローター型ドローンの最大の特長であり、他の飛行体と比べての最大のアドバンテージと言えるでしょう。高度(気圧)センサーとGPSアンテナからの高度、位置情報をCPUが処理して、機体を一定の高度や位置に保持します。この機能により、従来のラジコン・ヘリでは初心者には技術的に困難であった離陸、ホバリング、一定高度での飛行が簡単に行えます。設定によってはスイッチ一つでの離陸、着陸、ホバリングが可能です。

Intelligent Orientation Control

DJIではIOC、MikrokopterではCare Freeなど、メーカーにより呼び名が異なりますが、機能的な内容はほぼ同じです。
GPSや高度センサーからの情報に加え、電子コンパスの情報を使って、ドローンの向きをコントロールすることで、ドローンの向きが操縦者にわからなくても自在に操縦できます。例えば、機体をゆっくりと回転させてパン撮影しながら直線上を飛行するという、本来なら非常に難易度の高い飛行を簡単に行うことができます。

フェイルセーフ・ホームカミング

DJIではIOC、MikrokopterではCare Freeなど、メーカーにより呼び名が異なりますが、機能的な内容はほぼ同じです。
GPSや高度センサーからの情報に加え、電子コンパスの情報を使って、ドローンの向きをコントロールすることで、ドローンの向きが操縦者にわからなくても自在に操縦できます。例えば、機体をゆっくりと回転させてパン撮影しながら直線上を飛行するという、本来なら非常に難易度の高い飛行を簡単に行うことができます。

Way Point/自律航行

PCやモバイル・ディバイスとリンクさせて、専用のアプリを使用することにより、離陸・着陸を含む自動自律飛行をすることもできます。
具体的には、ソフトウェア上で、マップ上に複数の飛行経由地点と目的地、高度、移動速度などをポインティングして、飛行ミッションを作成します。作成したミッションをドローンに転送し、実行させることにより、ドローンは自動自律飛行を開始します。自律飛行はGPSにより精密に制御されますので、マニュアル飛行では不可能なレベルで、正確な位置と高度を維持することができるのです。
このシステムを応用することで、測量用の航空写真撮影や、各種設備の上空からの監視など、さまざまな業務へのドローンの活用が期待されます。

フォロー機能

セットアップしたGPS機能付きのデバイスや送信機を、自動で追尾する機能を持つドロ−ンも出てきました。この機能を利用すると、走る車や船を自動で追尾したり、いわゆる「自撮り」のような撮影をすることが可能です。

信頼性・静粛性

ドローンはシンプルで強靭なフレームを持ち、脆弱な可動パーツが少ないため、構造的に壊れにくく、メンテナンスも容易です。
ほとんどのドローンの可動パーツはブラシレス・モーターとローター・ブレードのみで、ダイレクト・ドライブとなっているため従来のラジコン・ヘリなどにつきもののギアボックスがありません。従って部品点数も少なく、高い信頼性を長期に渡って保つことができます。
また、ローターの回転ノイズが小さく、ギアボックスからのノイズもないため、飛行音が静かなことも大きな特長であり、空中撮影時の音声同時録音や、野生動物の撮影、スポーツ撮影など、騒音を避けなければならない状況下では、大きな利点となります

ペイロード

搭載重量(ペイロード)は、ドローンを含む航空機の重要な能力値の一つです。いくら性能がよく、長時間飛行できるドローンでも、搭載重量が少なければ実用性は低くなってしまいます。
小型軽量で大容量のLiPoバッテリーを動力源とし、これも小型軽量で出力の大きいブラシレス・モーターを搭載するドローンは、従来のラジコン・ヘリとは比較にならないほどの重量を搭載することができます。
例えば6ローターの大型機であるFreefly SystemsのALTAでは、バッテリーを除くペイロードが6.8kgありますので、LiPoバッテリー2本とは別にジンバル(MOVI M10)、そして4kg以上のカメラを搭載することができるのです。従って、用途や目的に応じて柔軟にシステムを組み、コンパクト・デジカメからプロ用1眼レフカメラ、シネマ用カメラなどを自由に乗せ換えることが可能になりました。
この大きなペイロードは、もちろん空撮以外の用途でも大いに役立ちます。現在各地で実証実験が行われている過疎地や外出困難者向けの生活必需品の運搬や、万が一の災害時の救援物資の輸送、各種観測機器やプローブ類の設置など、ペイロードを活かしたドローンの活躍の場は、限りない可能性を秘めています。

お問合せページ TEL 072-786-9721 10:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
COPYRIGHT © 2017 AGL. ALL RIGHTS RESERVED.