1. ホーム
  2. マルチローター型ドローン
  3. システム・アクセサリー
  4. ジンバル類

システム・アクセサリー

ジンバル類

ドロ−ンを使って空中撮影を行う際に、カメラを取り付けて機体に搭載する装置がカメラジンバルです。
10年以上前から、ラジコンヘリにカメラを積んで空中撮影をするために使われていましたが、当時のジンバルは、単にサーボでカメラの向きを変えることができる程度のものでした。
5〜6年前にマルチローター型ドロ−ンが登場し、空中撮影ににもってこいであることがわかると、スタビライザ−機能を持ったジンバルが登場しました。
空中撮影において最も問題となるのは「カメラの揺れをいかに抑えるか」ですが、機体が揺れてもカメラは揺れない仕組みを持ったジンバルは、今やドロ−ンにはなくてはならない機材と言えるでしょう。
面白いことに、極端に不安定なドロ−ン用に開発されたカメラジンバルが、その優れた性能と軽量さから、ドロ−ンでの空撮だけではなく、地上での撮影現場においてもハンドヘルド・ジンバルとして活躍しています。
Freefly社のMoviシリ−ズなどがその例です。