1. ホーム
  2. マルチローター型ドローン
  3. システム・アクセサリー
  4. 伝送系

システム・アクセサリー

伝送系

スチルカメラでの静止画像撮影ではさほど問題になりませんが、動画の撮影では、HD画質の映像をリアルタイムで伝送しなければならないことが多くあります。数年前までは、技術的にかなりハードルの高い課題でしたが、技術革新により現在ではごく一般的な運用となりました。
現在、国内でこういった伝送に使える周波数帯は、1.2GHz帯と2.4GHz帯の2つですが、1.2GHz帯は特定小電力無線を使用してのアナログ伝送となり、運用には無線局と無線従事者の免許が必要です。2.4GHz帯はいわゆるWiFi(802.11n)ですが、電波出力が微弱なため伝送できる距離が限られます。一方、世界的に広く使われている5.1〜5.8GHz帯は、国内では今のところ電波法の規制により使用が認められていません。この5.8GHz帯では、わずか130gほどの質量でフルHDの映像を遅延なく伝送することができ、到達距離も1,000mという送受信機が登場しています。
総務省では、ドローン産業の活性化、地域の活性化という観点から、近未来技術実証特区検討会での議論も踏まえて、2016年度中をめどに望ましい電波利用の在り方についての整理を行い、新たな免許制度、資格制度の制定につなげていきたいとしています。
現時点(2016年4月時点)では、具体的なスケジュール等は公表されていませんが、一部報道によりますと、今夏には5.8GHz帯のドローンでの使用が解禁される見通しとのことです。