1. ホーム
  2. 安全な飛行のために
  3. Q&A

Q&A

では、さらに具体的に、いったいどのような場所ならドローンを飛ばせるのか?どのような場合に許可が必要なのか?どんな飛ばし方は違反となるのか?といった疑問についてのQ&Aです。

Q:どこでなら飛ばしていいの?

A:飛行に国交大臣の許可が必要となるのは、
  • ・空港等周辺(空港等の周辺に設定されている進入表面、転移若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面)上空の空域
  • ・地表または水面から150m以上の高さの空域
  • ・人口集中地域の上空
でドローンを飛ばす場合です。
分かりやすく言えば、「空港の近辺はNG」「150m以上の高さで飛んではだめ」「人口集中地域の上空はだめ」ということになります。
では、「人口集中地域」って具体的にどこ?ということですが、下記の地図をご参照ください。赤線で囲まれた部分が、「人口集中地域」にあたります。
(正確には下記のリンクからご確認ください)

Q:どんな飛ばし方は違反なの?

A:下記のルールに則らない飛行方法は、国交大臣の承認が必要です。
  • ・日中に飛行させること
  • ・目視範囲内で無人航空機とその周囲を 常時監視して飛行させること
  • ・人又は建物、車両などの物件との間に距離(30m)を保って飛行 させること
  • ・祭礼、縁日など 多数の人が集まる催し場所上空で飛行させないこと
  • ・爆発物など 危険物を輸送しないこと
  • ・無人航空機から 物を投下しないこと
すなわち、「日中(日の出から日の入りまで)、機体が直に見える範囲内で、常に監視しながら、人や建物などから30m以上離れて飛行すれば基本OK」ということになります。
しかし、その場合でも「人がたくさん集まるお祭り」などの上空は飛ばせませんし、危険物を運んだり、物を投下することはできません。

Q:FPVによる飛行はNGですか?

A:FPV(First Person View)での飛行とは、機体を直接目視しながら操縦するのではなく、モニターを介して行うため、機体とその周辺を常時監視することができません。従って、国交大臣の承認が必要となります。

Q:30m離れて飛ばさなければならない「人や物件」とは具体的にどんなものですか?

A:ここでいう「人」は第三者を指します。従って、操縦者はもちろん、カメラオペレーターやその他飛行に関わるスタッフや、イベント等での飛行の際はそのイベントの関係者など、ドローンが30m以内を飛行することを知っている人たちは含まれません。
同様に、関係者が管理する車両や建物、イベント会場のテントなどは、「物件」には含まれません。また、自然の樹木や地面と一体となった線路なども、ここでいう「物件」ではありません。

Q:申請って、自分でやらないといけませんか?

A:申請は、代行が可能です。従って、何人かがまとまって代表者を決めて申請したり、会社単位で行うこともできます。当社でもご相談を承ります。

その他、国交省のサイトに詳細なQ&Aが公開されておりますので、ご参照ください。