1. ホーム
  2. 安全な飛行のために

安全な飛行のために

マルチローター・ヘリ(ドローン)は、最新の技術が生み出した、自律航行も可能な無人飛行機です。操縦も比較的容易で、少し訓練を積めば、誰でも低コストでこれまでは不可能だったアングルや視点からの空中撮影が自在に楽しめます。

そうした特性を活かし、ドローンは個人の趣味やホビーとしてだけではなく、すでにたくさんの産業分野〜テレビや映画、CMなどの撮影から、航空測量、災害対策、大型施設や橋梁などの点検など〜で、実際に活躍しています。

しかし、日本においても歴史はまだまだ浅く、技術の進歩に法令の整備や社会からの認知・理解が追い付いていない面も多くみられます。また、ドローンを扱う商社やプロダクションなどについても、知識や技術、経験やノウハウのレベルは様々で、中にはコンプライアンス的な面から問題を内包している業者も見られます。

こうした、事実上「野放し」と言ってもよかった状況から脱却し、ユーザーと業界に一定の秩序をもたすべく、政府は昨年航空法など関係法令の改定に踏み切りました。その大きな目的は、何よりもドローンの飛行の安全性を向上させ、人や施設などの構築物に損害を与えるリスクを低減することにあります。

エアロジーラボはその趣旨を十分に理解して、法令やコンプライアンスを遵守し、安全かつ効率の良いオペレーションで、お客様に安心してご利用いただけるようなサービスを目指しています。