1. ホーム
  2. 安全な飛行のために
  3. 航空法改正の概要

航空法改正の概要

昨年(2015年)の12月に改正航空法が施行され、ドローンの飛行にも多くの規制がかけられることになりました。
その内容について、「素人はもうドローンを飛ばせないのか?」「FPV(First Person View)による操縦はだめなの?」「ドローンによる空撮は一切禁止?」などお問い合わせをいただくこともあるなど、周知の不徹底により一部誤解を招いたり、不安感を与えることになりかねない状況となっています。
では、結局のところ、今回の法改正で何がどのように変わったのか、その要点をまとめてみました。

1.今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

2.無人航空機の飛行の許可が必要となる空域が定められました。
具体的には、「航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域」(空港等の周辺の空域、地表または水面から150m以上の高さの空域)や、「人または家屋の密集している地域の上空」(平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空)での飛行には許可が必要となりました。

3.無人航空機の飛行の方法についてのルールが定められました。
飛行させる場所に関わらず、
[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと
というルールを守って飛行させなければなりません。