こんにちは

ドローン開発とかけまして寿司ネタとときます。

その心は・・・・・新鮮(深セン)が一番でしょう。んーイマイチ(+o+)(笑)

どうもドローンなぞかけに夢中の学生スタッフのSです。

 

 

さて前回ご紹介した3Dプリンターのフィラメントの記事↓

ドローンにもっと彩りを

 

さっそく

赤や青のフィラメントでプリントし

製作中の機体に装着してみました!

 

 

色の違いで機体の前後を認識できる!

赤が前(‘_’)」

青が後ろ(‘_’)」

LEDを搭載し暗闇においても確実に前後を認識できます(/・ω・)/

またむき出しの配線や部品の保護の役割も兼ねています(/・ω・)/

配線がぐちゃぐちゃであちこちで

ピョン!ピョン!とはみ出していたら

カッコ悪い!

 

 

↓はハイブリッドドローン「Aero Range」用にプリントした部品☺

基本的にこういった産業用のドローンは

機体のアームやフレームなど大部分の材料はカーボン製で

その他の機械部品も含めて

機体は全体的に黒一色またはボディが白というパターン(+o+)

地味~(笑)

 

黒やダークカラーでシックなドローンもよし!

カラフルな部品でポップなドローンもよし!

ゆくゆくは今年のドローンのトレンドカラーは?なんてことにはならないでしょう(笑)

 

来る3月の22日・23日・24日のジャパンドローン2018に向けて

機体の整備も待ったなしで進めております!(T.S)