こんにちは!学生スタッフのタローです!

先日、高野山に観光に行ってきました!みなさん、高野山ご存じでしょうか??

高野山は仏教の一派、真言宗の総本山として知られ、空海(弘法大師)が建立した世界遺産の金剛峯寺が有名です。中学の歴史や高校の日本史のおかげでご存知の方も多いかもしれませんね。特に高野山は外国人の方に人気で、大勢の外国人が訪れていました。

そんな中、ドローン会社の学生スタッフである私は観光地×ドローンってどうなっているんだろう??と、疑問に思いました。そこで、調べてみると面白い取り組みを見つけました…

その名も空力車!!

こちらは、鎌倉で行われている取り組みで、VRゴーグルを装着し、ドローンの映像をガイドさんの解説付きで、楽しむというものです。

もちろん自由に撮影も可能で撮影したものは、ダウンロードしてお持ち帰り可能です。観光地を空から眺める経験なんて、なかなか無いし、面白そうな取り組みですね。さらに、体が不自由で、階段等に上ることができない方々にとっても貴重な体験となるのではないでしょうか?

観光地周りは貴重な建物などを保護する名目もあって、規制がかなり厳しくなっています。また、そうした規制が分からずドローン飛ばしてしまう外国人の方も多く、それによって一層、観光地側がドローンに対して身構えてしまいます。

しかし、観光地を新しい視点から見られるという点で、ドローンは観光地でもっと活躍できる気がします。

これから、観光地×ドローンがどのように進化していくのか楽しみですね!

ではまた!タローでした!