こんにちは!

学生スタッフのMです!

 

 

今回紹介するのはこちら

 

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が鎌倉を訪れ、

長谷寺や大仏、由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、

ドローンから送られた映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しみました!

 

 

 

 

今回開催された「みんなで創る、神経難病患者と鎌倉に行こうプロジェクト」は

自身もALS患者の高野元さんが発起人となり、多くの有志サポートを得ることにより、

外出もままならないALS患者が鎌倉観光を楽しみたいという思いから開催されたそうです。

 

 

ドローンを使った空中散策では、ヘッドマウントセットを通して光則寺について説明を聞きながら、

ゴーグルに映し出される光則寺や長谷地区の空撮映像をバーチャル体験!

参加した方はドローンからの映像を楽しんでいたようです(*‘∀‘)

 

このように観光が少し困難な方にもドローンを使ってバーチャル観光ができる・・・!

ドローンのニーズや用途はこれからもどんどん増えていきそうですね😊

 

 

それではこのへんでどろ~んします、学生スタッフのMでした!