こんにちは!学生スタッフのタローです!

以前のブログでお話ししましたが、AGLは本社を移転しました。

その関係で、私の仕事もラボの中ですることが多くなったので、ラボ仕事を覗く機会が増えました。今回は、そんなラボ仕事について紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、カーボンパーツ作り!ドローンの部品として様々なところで使われるだけでなく、プロペラガードとしても使われています。ちなみに、Shop AGL内では、AGLオリジナルのカーボンプロペラガードも販売しているのでご覧ください!→ShopAGLはこちら

カーボンパーツ作りにはまず設計が欠かせません。CADというお絵かきアプリ?(笑)を使ってまず、パーツの図面を作ります。次に、それをCAMというソフトに読み込みます。

あとは、CAMがCNCというマシンを動かし、カーボンを切り出してくれます。

そうしてできたパーツがこちら↓

あれ?なんとなくとげとげしてますね?

このままではパーツにならないので、修正していきます。

こうしてやっとパーツが完成しました!右がbefore 左がafterです。

一枚のカーボン板から、一つのパーツを作り出す行程いかがだったでしょうか??マシンの正確な切り出し、そして人による最後の手直し。二つが合わさって一つのカーボンパーツが生まれています。どちらもAGLにとっては、欠かさないものです。

今後もこのようなAGLのラボ仕事ガンガン紹介していきます!!

ではまた!タローでした!