こんにちは!学生スタッフのタローです!

私は、大のサッカー好きで小学校から、大学に至るまでサッカー⚽を続けてきましたが…先日Mさんの記事を見て、サッカーとドローンの関わりを調べてこなかったなーと思い、今回調べてみました!

さっそく、「ドローン サッカー」で検索してみるとこんな記事が、柏 ドローン効果で圧倒! こちらは、Jリーグの柏レイソルが、ドローンを練習に採用していますよーって記事です。記事の中では、世界最高峰のプレミアリーグ(日本代表の岡崎選手や吉田選手が在籍しています)のチーム、エバートンでもドローンが使われていることがわかります。他にもちらほら記事を見つけました。最近、ドローンを使うサッカーチームは増えているみたいです😍

ではどのように、ドローンが使われているのか。こちらは日本語の記事がなかった😢ので、英語で検索してみると…、ドローンを使用した指導を専門とするサッカーコーチのインタビュー記事記事が、見つかりました。

この記事によると、ドローン利用最大のメリットは、見る目線を変えられること!(まあ当たり前か笑)

サッカーって実は、1試合90分間の中で、1人の選手がボールに触る時間は、約2分間と言われていて、ボールを持たない時間にどのような動きができるかが、とても重要なんですね。監督がドローン目線で練習を見ることで、地面に立った目線よりも、どの選手がボールのないときに、どのような動きをしているか一目瞭然に見え、自チームの分析がスムーズに進みます。

また、選手もドローンからの映像を見ることで、気づきが得られます。記事では、コーチの指示を守ったポジショニングを取っていると“思い込んでいた”選手が、ドローンの映像を見て、自分の間違いに気づいたという話が出ています。

日本にも(コーチではありませんが)サッカーをドローン空撮してくれるサービスはあるようです。

ちなみに、AGLは空撮、物流、林業、防災など多方面のドローン活用に手を伸ばしていますが…スポーツ関係の仕事はしていません。

個人的には、サッカーに限らずスポーツには分析や空撮でのドローン需要があるだろうし…、関テレや、大阪大学(J1ガンバ大阪と協定を結んでいます)とのつながりを通して、AGLがスポーツにも貢献できたらなぁとか色々妄想してみました(完全に個人的願望です笑)

今回は私の妄想が現実になることを願いつつ終わりたいと思います(笑)ではまた!タローでした!