こんにちは!学生スタッフのタローです!

先日、人生2回目のスノーボード🏂に行ってきました!温暖な静岡出身で、大阪に来て初めて雪を見たような人間なので、1回目はあまりに怖すぎてまったく滑れずに終わりました。しかし!なんと!今回は何とか人並みに滑れるようになりました。3年前の感覚が残っているはずもなく、なぜ滑れるようになったのか………

自分でもよくわかっていません(笑)

ところで先日、ラボに来るとこんなものが届いていました。

 

なんだこれ!?

何このでっっっかいマシン!?ラボのレイアウトも変わってるし!!さっそく近くにいる社員さんに訊いてみました…

これは、新しいCNCフライス!以前、ブログで使い方を紹介しましたが、復習すると…

①CADで図面を作り、CAMに読み込ませる。②CAMをつかってマシンを動かす。③マシンがカーボン板を切り出す。という流れでカーボンパーツを作るマシンです。

しかし、今回のCNCフライスはけた違いにでかい!(笑)写真を見ると一目瞭然です!

赤が旧マシン。青が新マシン。

旧マシン本体。

大型機導入によって大きなパーツが作れるようになったこと、そしてその精度の高さが何よりのメリット。今までのCNCでは小さいマシンゆえ大きなパーツを切り出すことができませんでした🤦‍♀️そのためわざわざ部品をいくつかに分けて形成する必要があり、ドローンの軽量化の妨げになっていたそう。AGLオリジナルドローン開発の陰にはエンジニアたちとCNCとの過酷な闘いがあったのです。(お疲れ様です😥)

今回の購入でそんな闘いとはおさらば👋オリジナルドローンの軽量化をより簡単に実現できます。

ちなみに、中はこんな感じになっています。

板を切り出すドリル

 

切り出したくずを吸い出すホース

このマシンお値段は……..なんと!!  万円(自粛)だそうです。私のような文系人間がなかなか見ることのできないマシンではありますが…こうやって間近で見れるのはAGLのおかげです。そして、AGLで働いていて良かったという瞬間でもあります。

ラボには他にもこんな面白いものが山ほどあります。頑張って紹介していきましょう!!

ではまた!タローでした!