こんにちは!

学生スタッフのMです!

 

 

今回ご紹介するのはこちら

 

 

アメリカ、南フロリダ大学で2019年2月9日、

2019 USF Brain-Drone Race」が開催されました!

 

 

 

大会の参加条件は、「脳みそがある」こと!

世界中から集まった16のチームが、脳波でコントロールするドローンを飛ばしてゴールを目指しました!

 

 

この大会は、南フロリダ大学でコンピューター・サイエンスを教える助教授のMarvin Andujarと、

アラバマ大学の教授Chris Crawfordの発案によるもの!

 

 

脳波でドローンをコントロールするためのアプリケーションは、

特定の脳波パターンを検知してドローンの動きに繋げます!

 

 

例えば、操縦者が物を前に押して動かすことを想像する

その脳波パターンによってドローンが前に進むんです!

 

 

この大会に参加したのは、アメリカ、インド、クウェート、ブラジル、ドミニカ共和国

バングラデシュ、ベネズエラ、そして日本のチームで、優勝したのはクウエートのチームだったそうです!

 

 

 

参加する条件は「脳みそがあること」!

他の身体的・能力的制限が一切ないことで、どんな人でも活躍する可能性があり、

多様で包括的な競技になる可能性を秘めていると思われます!

これからどんどん有名になるのではないでしょうか😌

 

 

それではこのへんでどろ~んします、学生スタッフのMでした!