大阪府箕面市 エアロジーラボ株式会社 ドローン製作・販売、空撮・映像制作・共同開発

活用例

ドローンが活躍するフィールドは、個人の趣味からプロフェッショナルの領域まで、さまざまな分野に拡大し続けています。ニッチなニーズを満たすだけの存在ではなく、ドローン自体が新たな産業や文化を生み出し、ひいては社会全体に変革をもたらすだけのパワーを秘めているのです。このページでは、ドローンが活用されているフィールドをご紹介します。

1.空中撮影

ドローンの活用方法として最もベーシックなのが、空中撮影です。ドローン出現前、空撮は飛行機やヘリコプターでしか行えず、コスト面などのハードルも高いうえに、超低空や屋内、人や物に接近するなどの撮影は不可能でした。ドローンは撮影コストの低減が見込めると同時に、制約が少なくイメージ通りの映像表現が可能となります。時には、監督やカメラマンの感性を刺激して、よりクリエイティブな映像作品を生み出すこともあるのです。

2.施設の点検、保守

ソーラーパネルや、橋梁、トンネル、高架道路、建築物の外壁や屋上など、人間が立ち入ることが物理的に困難で、また点検に大変な労力と時間を必要とする構築物や施設は数多く存在します。ドローンを用いれば、そうした場所に容易にアクセスでき、カメラから送られてくる映像でリアルタイムに点検を行うことができます。

3.災害救助

地震や台風など、大規模な自然災害が発生した場合、急がれるのが被害状況の確認です。しかし、災害に伴う交通、通信手段の途絶等によって、正確な情報伝達が遅れ、対応が後手に回ってしまうことも少なくありません。こうした状況の中、ドローンを活用することで、被災地の状況をいち早く正確に把握することが可能になるうえ、必要に応じて双方向で情報を伝達することもできます。さらに、救援物資を輸送することもお手の物です。

4.物資の運搬、配達

業務用大型ドローンの用途として、社会的にも大きな関心を集めているのが物資の運搬、配達といった分野です。アメリカのAmazon.comが実用化を目指して実験を始めているのは既に有名ですが、日本では一般的な商品の配達に限らず、障害や高齢により自由に出歩くことができない方たちのために、生活必需品を配送するなど、社会福祉の側面からも期待がかかっています。

5.航空測量

ドローンの利点の一つに、GPSを利用して高精度の飛行を、繰り返し半自動で行えることがあります。事前に飛行ルートをセットしておけば、何度でも同じルートを、同じ高度で飛行することができるのです。この利点を生かして、航空測量や航空写真の撮影を、低コストかつ短期間で行うことが可能です。

他にも、リゾート施設やゴルフ場のプロモーション撮影、クレーン撮影の代替手段としての高所からの定点撮影、野生動物や遺跡、遺構などの学術調査に伴う撮影など、ドローンはさまざまな用途に適応できる可能性をもっています。さらに、こうした業務用の領域に限らず、ホビーユース、パーソナルユースとしても人気、関心は高まっています。

お問合せページ TEL 072-786-9721 受付時間 10:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
COPYRIGHT © 2017 AGL. ALL RIGHTS RESERVED.