大阪府箕面市 エアロジーラボ株式会社 ドローン製作・販売、空撮・映像制作・共同開発

ドローンの機能

マルチローター型ドローンは、最新の電子制御テクノロジーによって、従来のラジコン・ヘリやラジコン・飛行機では実現できなかった高度な機能を、いくつも備えています。 

Altitude(高度)&GPS(位置)ホールド機能 

この機能がマルチローター型ドローンの最大の特徴です。気圧センサーや超音波センサーからの高度情報とGPSアンテナからの位置情報をCPUが処理して、機体を一定の高度や位置に保持します。この機能により、従来のラジコン・ヘリでは初心者にとって困難であった離陸、ホバリング、一定高度での飛行が簡単に行えます。 

IOC機能(Intelligent Orientation Control 

メーカーにより呼び名が異なりますが、機能的な内容はほぼ同じです。
GPSや高度センサーからの情報に加え、電子コンパスの情報を使って、ドローンの向きをコントロールすることで、ドローンの向きが操縦者にわからなくても自在に操縦できます。(この便利さはドローンを操縦してみるとわかります。)この機能によって、初心者が容易に機体をコントロールできるようになるだけでなく、パン撮影(カメラを固定したまま水平に動かす撮影技法)などの高度な撮影技法も簡単に行えます。 

リターントゥホーム機能 

メーカーにより呼び名が異なりますが、機能的な内容はほぼ同じです。飛行中に機体を見失った場合や何らかのトラブルが発生した場合に、ホームポイント(離陸させた場所)まで自動的に機体を帰還させる便利な機能です。安全上の重要なポイントとして、飛行前にはリターントゥホーム機能の高度を、周囲の地形や障害物を見越した十分な数値で設定する必要があります。 

自律航行 

PCやモバイル・ディバイスとリンクさせて、専用のアプリを使用することで、離陸・着陸を含む自動自律飛行をすることもできます。具体的には、ソフトウェアで、マップ上に複数の飛行経由地点と目的地、高度、移動速度などを入力して、飛行ミッションを作成します。作成したミッションをドローンに転送し、実行させることにより、ドローンは自律航行を開始します。この飛行はGPSにより精密に制御されますので、マニュアル飛行では不可能なレベルの正確な位置、高度を維持することができるのです。
このシステムを応用することで、測量用の航空写真撮影や、各種設備の上空からの監視など、さまざまな業務へのドローンの活用が期待されます。 

フォロー機能 

セットアップしたGPS機能付きのデバイスや送信機を、自動で追尾する機能を持つドロ−ンも出てきました。この機能を利用すると、走る車や船を自動で追尾します。またいわゆる「自撮り」のような撮影をすることが可能になります。 

信頼性・静粛性 

ドローンはシンプルで強靭なフレームを持ち、脆弱な可動パーツが少ないため、構造的に壊れにくく、メンテナンスが容易です。
また、ローターの回転ノイズが小さく、ギアボックスからのノイズもないため、飛行音が静かなことも大きな特長であり、空中撮影時の音声同時録音や、野生動物の撮影、スポーツ撮影など、騒音を避けなければならない状況下では、大きな利点となります 

ペイロード(積載重量) 

ペイロードは、ドローンを含む航空機の重要な能力値の一つです。いくら性能がよく、長時間飛行できるドローンでも、搭載重量が少なければ実用性は低くなってしまいます。
小型軽量で大容量のLiPoバッテリーを動力源とし、これも小型軽量で出力の大きいブラシレス・モーターを搭載するドローンは、従来のラジコン・ヘリとは比較にならないほどの重量を搭載することができます。
現在各地で実証実験が行われている過疎地や外出困難者向けの生活必需品の運搬や、万が一の災害時の救援物資の輸送、各種観測機器やプローブ類の設置など、ペイロードを活かしたドローンの活躍の場は、限りない可能性を秘めています。 

 

お問合せページ TEL 072-786-9721 受付時間 10:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
COPYRIGHT © 2017 AGL. ALL RIGHTS RESERVED.