2018年10月15日
関係各位
関西テレビ放送株式会社
エアロジーラボ株式会社

エアロジーラボ株式会社による第三者割当増資の引受について

関西テレビ放送株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎、以下「KTV」)は9月28日、エアロジーラボ株式会社(本社:大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一、以下「AGL」)が実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けました。またKTVは10月3日付で管理職社員1名をAGLに派遣し、常勤役員として同社の経営に緊密にコミットするとともに、社内体制の整備および両社の協力関係強化を図ります。

AGLは、ドローン領域のパイオニアとして、2012年よりドローンを活用した事業を運営しております。引き続き、これまで産学連携で協力関係を築いてきた大阪大学、大阪府立大学などの研究機関や、各地方自治体との共同実験などを通じて開発を進め、独創的な技術を有するハイブリッド型ドローンの改良及び製品化による、物品配送、災害対策、農林水産業への応用など、社会実装の拡充を図ります。

KTVは、テレビ番組制作においてドローンによる空撮を多数実施しておりますが、ニーズは拡大傾向にあり、今後これまで以上に高度な技術を要する撮影や、過酷な条件下での撮影の需要増加が予想されます。今回の出資を通じ、AGLの持つドローンに関するノウハウを活用し、映像撮影を安定的かつ効率的に行う体制の構築を図ると共に、空撮以外のドローン関連市場においてもAGLとの協業を進めてまいります。

今後はKTVのブランド力、営業力と、AGLの技術開発力という双方の強みを生かして、ドローンと放送とのシナジー効果を活かした独創的な新規ビジネス開発を目指します。

<本件に関するお問い合わせ先>
関西テレビ放送株式会社
法務・コンプライアンス部(企業広報担当) 佐藤、堀部、早川  ℡06‐6314‐8093
エアロジーラボ株式会社
管理部 谷所 ℡072‐722‐3350/メール:info@aerog-lab.com